kingdom of apes

新けもの達まかり通る記
Interview with Wild World 1

共に生きる21世紀 (第一回)

インタビュアー(In.):「はじめまして。早速お話をですね・・」

猿谷桃ェ門是惟(Guest):「(いきなり走り出す)」

In.:「あっ、あのどうしたんですか!」

Guest:「(仲間を追い回す)」

In:「どうして人里にやって来たのですか?」

Guest:「(仲間から取り上げた竹の子をかじっている)」

In.:「この訪問は何かのメッセージなのでしょうか?」

Guest:「(アカシアの木に飛びつき花をモサモサ食いだす)」

In.:「いよいよ問題の核心に迫ってみたいと思います」

Guest:「(金網に乗って赤いシリを見せてノソノソと去っていく)」

糞だらけになっている部屋に取り残されるインタビュアー。

(終)

2 comments to “kingdom of apes”

  1. (写真) 猿谷さん。
    高村光雲(1852-1934)の作品「老猿」(下写真)は、この猿谷氏の曽祖父がモデルになっている。


  2. 追記:2007年12月のある夕暮れ。
    2年振りに再会を果たした猿谷氏は今や広大な地帯に生息する大集団を率いる伝説のボスになっていた。仲間は彼を尊敬の念を込めて“グレート・サルヤ”と呼んだ。

Comments are closed.