2014年07月

post notes >>>

07月28日(月):Happy Idul Fitri!今年イスラム教徒が行う「断食」は昨日で終わり。今日からは一ヶ月間のお祝いが始まる。日本で言うお盆休みと考えて言いが、日本のお盆は、国を挙げての宗教的な祝祭行事ではない。イスラム教圏であるインドネシアでもこの祝祭日の間は国中が”ごった返した”状態になると聞いた。このお祝いは”Id-ul-Fitr(イド・アル=フィトル)”と言われる。アラビア語で「祝宴」の意。

同じ日に郊外にある「バードぴあ」という野鳥公園へ。
普段は親が子どもの後ろに付きっきりで見守っているのだが、こどもの自由に任せてこの日は、少しゆったり時間。子どもは館内を走ったり、仕掛けがたくさんしてある引き出しを誰はばかることなく開けたり閉めたり・・・ 喜声を挙げながら隈無くチェック。写真はジオラマ内の様子。昼と夜の森の様子を立体的に鑑賞出来る装置。子どもは通路に張った赤く光るセンサーに興味津々。短い展示ショーそっちのけでジッと見つめながら入り口付近で動こうとしない。子どもの反応は大人の思惑とは裏腹にとても面白いものだ。

07月27日(日):湧水を汲みにここへよく来る。名前は鷲沢風穴。北側遠くに発電用の巨大な風車が見える。その麓を都田川が流れ川の北方へ山道を車で上る。「風穴」の案内と「名水」を自前で宣伝する手作り看板を至る所で目に出来る。それに従い湧水地までたどり着くと、平日でも誰かしらが水を汲んでいる。
この季節、水汲み場脇の洞窟から冷気が流れ辺りはとても気持ちが良い。水も冷たくて20リットル100円という手頃さ。管理人さんの小屋ではお菓子、野菜や果物に、時々小動物等が販売されている。地元の農家の方が持ち寄ってくるものを代わりに売っているそうだ。年の初めには甘酒を振る舞っていただいた。メダカやヌマエビ、アカハライモリもここで買った。月ごとに水質検査をおこない検査証コピーも発行しているので安心だ。

07月25日(金):近くの公園へ子どもを連れて水遊びに。連日暑い日が続きます。子どもはそんな事にお構いなしに、外へ行こうと外を指差し、しきりにまとわりついて離れません。ここ続けて猛暑日の気象情報に関わらず、炎天下で子どもと一緒に散歩しています。麦わら帽子が以前は嫌がってかぶりませんでしたが、最近、おじいちゃんとおばあちゃんが褒めてくれた日以来、気に入ってくれたようです。

07月11日(金):市の小っちゃな美術館で企画展「ウルトラマン創世紀展-ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ」が開催されているので見に行ってきた。古代ギリシア展以来だ。大人1,100円は高いと思っているので自然、足も遠のく。「ウルトラマン」のイメージが美術館に似つかわしくなくてそれが新鮮な企画に感じていたのでずっと気になっていた。それで館内で写真撮影が可能ならば入館しようと考えた。通常は駄目であるのは分かっている・・・
帰りにお土産を買って帰って来た。初代ウルトラマンとウルトラセブンである。

07月09日(水):航空自衛隊浜松基地内にある広報館に休憩がてら寄ってみました。
普段はあたり住民区域で爆音を響かせている自衛隊基地ですがこういう施設を無料で解放しているところはとてもいいですね。
せっかく実機を展示してあるのに、バリケードで囲ってあり機内へは搭乗できないのは残念。3機とシュミレーションフライ用のコックピットは解放されていますが、平日は2機以外は閉鎖されている事が多いです。

07月08日(火):少し前に訪ねた場所です。何度か立ち寄るのですが、大抵は定休日にフラッと来ます。
製作映像の物語・・・「男の子はパパを探しに森に入るとそこでキノコの家を見つけました。そこではパパが石になってしまったのを男の子は知りませんでした・・・」

07月01日(火):子どもを連れてひまわりを見ました。花の世界万国博覧会が終わった会場の跡地を見に行った折、丘の上になぜか太陽には背を向け咲いているひまわりを見つけました。

06月29日(日):ラマダーン(第9月)始まる。