2015年01月

post notes >>>

2015年01月08日(木):こどもをそっちのけにして大人がコレクションに執心しているわけだが、写真は別のキャラ2種。左はアメ車のドッジとマスタングを合わせたデザインとある「ロッド・トルク・レッドライン」。右はフランス車の”トンベ”。三輪のリライアント・リーガルを模したもの。

2015年01月07日(水):朝の雲の様子と夕方の空の様子。夕方に珍しい光の現象が現れた。雲に反射光が当たって、プリズムを通過した光のようなものが太陽の周りに見えた。この日は途中から体がだるく、夕方から晩にかけて寒気と熱が出た。関節に力が入らず、ヨロヨロとする感じだった。この日は温かくして家に帰ってからすぐに眠ることにした。

2015年01月05日(月):土曜日に続き『カーズ』のキャラ(正確には『カーズ2』)を購入。全部揃える気は毛頭ないが、同一のキャラでもバリエーションがあって、スタンダードタイプは取りあえず欲しい。2になると登場するライバルカーも多くなり、トミカよりも種類が多いマテル社製がいいかなとも思ってしまう。

このミニカーシリーズは対象年齢3歳以上で、我が家の子どもにはまだ少し早いかな?傷も付かないぐらいに大事に扱う必要はないが、分解が好きなようで、以前買ったミニカー等は、フロントガラスがなかったり、タイヤがホイールだけとか、エンジンがそっくりなくなっているものとか・・・ ドライバーを持ち出してボディーを開閉したり・・・ ほとんどが欠陥車になってしまっている。それでもお気に入りのものがあるようで、それは大事に遊んでいるようだ(取りあえず今のところは)。そう、「ポルシェ」を覚えたようだ。あと『カーズ』のキャラは全て名前がついているので、「メーター」のように愛着もって一台一台と遊んでくれたらいいと思っている。

写真はブラジル出身の女性レーサーのカルラ・ヴェローゾ。熱帯雨林アマゾンから飛び出て来たようなタトゥー調のボディー・デザインで華やかだ。各キャラクターは細かな人物(クルマ)設定がされていて、映画だけ観たのでは当然知りようもない物語がそれぞれにはあるようだ。ちなみに、このキャラ解説はこうだ:

「ブラジル代表のプロトタイプ。レーサーの中では唯一の女性。リオ・デ・ジャネイロ出身のラテン系ディーバ。夜にカーニバルへ繰り出し踊ることもあるが、生活のほとんどはレース場で過ごしている。地元のインテルラゴス・サーキットで新記録を樹立し、ヨーロッパのル・マン24時間レースのチームに抜擢されて参加し、連続して表彰台にのぼっている。ブラジル語版では、パーティーシーンでジェフの代わりに登場されている。第1戦の東京では3位となるが、第2戦のイタリアではグレムの攻撃により、タイヤがバーストしクラッシュしてしまう。」

2015年01月03日(土):実家の両親の家へ寄った帰り、子ども服を扱う店へ。昨日子どもが福引きで商品券を当ておもちゃを買ったそのおつりで、今日は『カーズ』に登場するキャラのミニカーをもう2台購入した。写真は、買って間もないのでまだすり傷を間逃れている英国車アストンマーティン「ナイジェル・ギアスリー」(『カーズ2』に登場)。

2015年01月01日(木):今年最初の太陽。初日の出を拝むのは近場で済ませる。
日の出に伴って大気の移動激しく風と寒気もひとしお。午後からは快晴にも関わらず雪が舞い始めた。初雪に喜んだ妻がこどもを連れて戸外でおおはしゃぎ。こどももそれにつられて喜んで「ユキ、ユキ」と言い、「雪」という言葉も覚えた様子。