2016年04月11日〜

post notes >>>

2016月04月からの記事はこちらに移動しました。

以下は前回から続く映画『カーズ』シリーズのダイキャスト・モデルの補足です。

2016年06月22日(水):

メーターが主役の短編集『カーズトゥーン』シリーズに新たなエピソードが加わりキャラも発売しています。
写真はマックウィーンとサンディ・デューンズです。

2016年06月19日(日):

映画『カーズ』に登場した4台。マテル社製。トミカの『カーズ』シリーズにはないキャラです。
マックウィーンを輸送中に居眠りし出したマックを、追尾、捕捉。イタズラし出す暴走チームです。登場の場面少ないですが強烈なキャラでした。本編エンディングで彼らのその後のオチが挿入されているそうです。もう一度見直して見ます。
左からスノット・ロッド、ニトロを積んだブースト、複数のスピーカーを搭載したDJ、そしてウィングの造形が素晴らしいウィンゴ。『カーズ』に登場するいずれのキャラ達もかなり細かい設定がされています。詳しくはwiki等を参照。モデル車種の記述もあります。

2016年06月01日(水):

映画007に登場したボンド・カー。キャデラック・コンティネンタル’64、フォードマスタング・マッハ’71、ロータス・エスプリ。そして新作シリーズのアストンマーティン。

ちなみに、映画『カーズ』シリーズに登場するフィンマック・ミサイル(DB-5)とナイジェル・ギアスリー(DB-9R)もアストンマーティンがモデル。フィンマックミサイルの相棒ホリーシフトウェルはジャガーXJR-15がモデルでいずれも英国車です。007シリーズ最新作の『スペクター』にはこの組み合わせ(XJR-15とDB-10)でカーチェスが展開されていました。

上写真は最近発売されたドク・ハドソンの現役時代(ピストンカップ)で、幻の”ハドソン・ホーネット”。限定生産されていたものが定価で市販されました。背景のキャラは『カーズ2』でチラッと登場したあの2階建ロンドンバス、トッパー・デッキントン3世。モデルはルートマスター(AE社製)。